東京の自動車板金修理業者の利用時の注意点など紹介

東京で板金塗装を依頼する場合、職人の腕が気になる人も多いでしょう。腕の良い職人と腕の悪い職人とでは作業のクオリティがかなり変わってきてしまいます。腕の悪い職人が作業をした場合は精度の悪さが気になってしまうこともあります。修理した部分の色などが変わってしまうこともありますし、素人目線では綺麗に修理されているように見えることもあるかもしれませんが、同業者から見れば修理したことがすぐに分かってしまうでしょう。腕の良い職人に作業をしてもらうことにより、プロが見ても修理した形跡が見破られずに済むこともあります。中には大掛かりな修理をしても売却時に査定士が気づかず、減点されずに売却できるというケースもあるのです。そのため腕の良い職人に任せることが大切です。

腕の良い業者に頼むことが大切です

東京で車の売却まで考えている場合、腕の良い職人に板金塗装を依頼することが大切です。なぜ職人の腕に違いが出てくるのかということですが、作業には高い専門性が必要となりますし、とても手間がかかってしまうためです。業者では変形した部品の板金による補修から色の調合などを行うことになります。これらは全て職人が手作業で行うことになるため、形状補修よりも塗料の調合と塗装の吹き付け作業によって腕の違いが出てくるということです。見た目を自然にするためには塗料の調合がポイントなのですが、完璧にボディーと同じ色を作ることはできません。どれだけ腕の良い職人でも暈しの作業を行いますし、塗装した部分との境目を目立たなくするということです。もちろん塗料の調合は上手く行うことが大切です。

塗料の調合が上手くできる職人なら

塗料の調合自体が上手くできていない場合、暈しなどの作業をしっかりと行っても修理した部分だけ色が変わって目立ってしまいます。また、塗料を綺麗に調合できても吹き付けが悪いと塗料が垂れてしまうことがありますし、一部分だけ色が薄くなってしまうことなどもあります。東京の板金塗装は時間と手間がかかるため、いくつかの工程に分かれています。湾曲した部分だけきちんと形を整え、塗料が綺麗につくように下地処理を行います。そこから下地塗装と本塗装、クリア塗装という3つの工程に分けて塗装を行っていくことになるでしょう。全ての工程が終わってから最終的な確認を行うことになります。腕の良い職人でも失敗してしまうことはありますが、誤魔化す作業についても上手く行うことができます。